SiteMap

電子書籍事業に活路を求める印刷業界

インターネットの普及、活字離れの影響で出版印刷、商業印刷ともに縮小傾向にある印刷業界ですが、印刷2強と言われる凸版印刷、大日本印刷は新本業として電子書籍事業に本格参入しています。業界首位の凸版印刷は平成23年1月に電子書籍ストア「BookLive」を運営開始し、1冊まるごと無料で読める作品を常時配信するなど国内最大級の電子書籍ストアとして人気を集めています。品揃えも豊富でコミック、小説、雑誌、写真集、楽譜などもあり、その場ですぐに欲しい本を電子書籍にダウンロード出来ます。平成24年12月には自社開発の電子書籍リーダー・リディオを販売、さらに無料のAndroidアプリ、iphoneアプリも提供していて読みたい時にすぐ読める、そんな新しい形の本の読み方を生み出しています。業界の2位の大日本印刷も、平成22年12月にNTTドコモの合弁会社と電子書籍サイト
「honto」を運営開始しています。今後も電子書籍事業を強化していく方針で、公衆Wi-Fi機能付きデジタル情報スタンド「PONTANA(ぽん棚)」で、手軽に電子書籍が閲覧・購入できる「honto.jp」のサービスを2015年内に開始すると発表しています。2020年までには全国50,000ヵ所の設置を目標としていて、一般の書店と同じように誰でも本を立ち読みや購入できる場所作りを目指しています。大手2強の電子書籍事業への本格参入により、印刷業界は新たな転換期を迎えたようです。

LATEST INFORMATION

2017/10/24

電子書籍事業に活路を求める印刷業界

インターネットの普及、活字離れの影響で出版印刷、商業印刷ともに縮小傾向にある印刷業界ですが、印…

MORE ▶

2017/10/24

印刷工場の繁忙期は忙しすぎる

私は数年前までいわゆる「同人誌」を重点的に扱う印刷工場に勤務していました。さて同人誌という言葉…

MORE ▶

2017/10/24

印刷業界はネットからの影響が強い事実

近年では紙の使用が重要になっているので印刷にも注目が集まっています。一般的に印刷業界では必要な…

MORE ▶

2017/10/24

安くて便利な印刷通販

今は買い物をするのもゲームをするのも、そのほとんどがインターネット上で出来るようになっています…

MORE ▶

MENU